ボアズケレ (Boğazkere)

トルコを代表する赤ワイン用の土着品種の一つ。
南東部のディヤルバクルを原産とし、北隣でやや標高の高いエラズーのほか、最近では西部のエーゲ海地方やトラキアでも栽培されています。
トルコ語で「喉を焼く」の名の通り、非常にタンニンが濃密で酸味は少なく、南東部のもう一つの品種であるオキュズギョズと比べ、武骨とも言えます。
単一品種でも使われますが、オキュズギョズとのブレンドが多く、相互に特徴を補完し合っています。
総じてフルボディのワインになり、しばしば樽熟成されます。

主な産地 : トルコ(ディヤルバクル, エラズー, エーゲ海地方, トラキア)

ボアズケレを使用したお勧めワイン

現在 ¥0
    送料無料まで ¥10,000