アルコシュ

アルコシュ

ドホークの南、モースルから北に45kmに位置する人口1万人ほどの集落。
住民はカルデア・カトリックを中心とした、アッシリア人キリスト教徒が100%で、異教徒の居住は認められていないという。
そのため、多くのクルドの人々にとって、アルコシュは馴染みのない場所のようだ。

集落の起源は古代に遡り、泥造りの街並みに、古の情緒あるアッシリアの教会が点在する。
古代言語であるシリア語が今なお日常で使われる、生きた化石のような町だ。

2014年のIS台頭時には、歴史あるニネヴェ平原のアッシリア人集落が相次いで陥落する中、アルコシュまでも3kmと迫り、多くの住民が避難したが、地元の有志が立ち上がり、間一髪で死守した。
車に乗せてくれた若者もNPU(ニネヴェ平原防衛隊)の一員だったが、彼らにとってアッシリアの伝統とは、自らの命を賭してでも守るものなのだろう。

最大の見所は、町の郊外およそ2kmの崖の中腹に位置する、7世紀に創建の聖ホルミズド修道院。
2016年に訪れた際には、ISとの前線からわずか15kmにあり、静寂に包まれる修道院からも空爆の音を耳にし、皮肉にも禁断の地としての趣を増していた。
ISの脅威が遠ざかった今、人々の日常生活は平穏を取り戻しつつあるように見えた。

入口の検問は入念で5分ほど要した(2016)

旧市街は入り組んでおり、家々は泥で造られている(2016)

イースター当日で、カラフルな洋服を着た子供をよく見かけた(2017)

自宅に招いてくれた品の良いご家族(2017)

おめかしした少女(2017)

イースターエッグにお菓子、果物をたくさんいただいた(2017)

穏やかな面持ちのお母さん(2017)

丘の上から見下ろすアルコシュの旧市街(2017)

町の入口付近の丘には墓地が広がる(2017)

新しいアッシリア教会も古代の趣がある(2017)

聖ホルミズド修道院

アルコシュの町外れ、東に2kmほどの崖の中腹に、岩肌と同化するように建てられた修道院。
創建は西暦640年頃とされ、長らく東方教会の重要拠点だったが、19世紀初頭にローマと融和し、カルデア・カトリックの管轄となった。
麓から修道院のすぐ下までは舗装路が整備され、車を降りて150段ほど登ると入口がある。
岩肌には無数の小部屋があり、最盛期には600人ほどの修道僧を擁した。
イラクのキリスト教が危機に瀕する今では、かつての活気こそないものの、この地に栄えた古代のキリスト教を伝える遺産として大変貴重だ。

修道院は東の町外れにある(2016)

岩肌に同化するように建っている(2017)

外壁に沿って階段を登る(2016)

150段ほどで入口だ(2016)

修道院の全景(2016)

無数の小部屋があり、かつては修道僧600人が暮らしていた(2016)

小さなチャペルの中(2016)

シリア語の碑文(2016)

奥には洞窟が続いている(2016)

ハート形の横穴から修道院を望む(2017)

屋上からの景色(2016)

写真・文:田村公祐

現在 ¥0
    送料無料まで ¥10,000