田村公祐写真展「私が見たシリアの今」

ワイン発祥の地、オリエントのワインを輸入する傍ら、 少数民族の探訪を続ける田村公祐による写真展第2弾です。

今年の春、買い付けを兼ねて8年ぶりにシリアを訪れました。
歴史ある旧市街や遺跡の今、キリスト教の原風景、前線の町、逞しく生きる人々を収めた写真を、私が見聞きした情報とともに丁寧にお伝えします。

日時:
2018年6月19日(火)-24日(日)
12:00-19:00

会場:
「DEEPDAN」
東京都世田谷区北沢1-32-17
池ノ上駅より徒歩1分

入場料:
無料

田村は常時在廊予定です。
会場はスペースに限りがあり、田村自身も物を持たない主義のため、花や贈答品はご遠慮お願い申し上げます。

【田村公祐(たむらこうすけ)プロフィール】
一橋大学経済学部中退。幼少より異文化に関心を持つ。
2010年にシリアを訪問した際、当地の文化と偶然手にしたレバノンのワインに感銘を受け、危機に瀕する少数民族と希少ワインを訪ね、オリエント各地に通い続ける。
主な渡航先はチグリス・ユーフラテス上流域およびコーカサス。
2016年にオリエントのワインに特化した業者を設立、現在レバノン、アルメニア、アッシリアのワインを輸入。
趣味は読書、ゲーム。

Facebookイベントページ

現在 ¥0
    送料無料まで ¥10,000